2014年05月18日

2)エンジン周りの修理

とりあえず、オレンジ色の外装は塗り直すので外しました。そして、割とすぐに走れそうだったので、ナンバーもつけちゃいました。
photo


バッテリーとベルトを購入してサクッと取り付けてみました。あっさりとエンジン始動。シートだけ付けて走ってみたら、フツーに走れちゃいました。と思ったら、ガガガガッと変な音がします。このバイクはベアリングがダメになっているという話で購入したけど、これがベアリングの音?? 普通、ゴーッとか、そういう音じゃないの、クランクベアリングの異音って?
photo


ほかのベアリングが完膚なきまでに逝っちゃってるのかとも思いましたが、調べてみるとエンジン側プーリーの前にあるコマのようなパーツが原因であることが分かりました。
このパーツはセルを回した時だけプーリーの歯車に噛みあい、それ以外の時は引っ込んでいるはずなんですが、変形してうまく機能しなくなっていました。それで走行中に中途半端にギアが噛み合って異音になっていたみたいです。
変形を丁寧に元の形に戻したら直りました。
その後は走行しても異音なし。クランクベアリング交換を覚悟していたけどただで簡単に直っちゃった。
photo




レストアというか、ちょっと丁寧な掃除をします。エンジン周りがどんな構造なのか興味もあったのでマフラーやカバー類を外してみました。
photo


ふーん、強制空冷ってこうなってるのかー。エンジンの前にくっついてるのがオイルポンプですね。そして画面右端にはフューエルポンプが。タンクの位置が低いからあたりまえだけど、原付スクーターにフューエルポンプがあるのって不思議な感じがします。
photo


リアブレーキ周りをキレイに掃除するため、リアホイールを外しました。実はこれが非常に大変で、信じられないくらいにナットが固着していました。
photo


プーリーも全部外し、ちぎれたプーリーのゴミをキレイに掃除しました。
photo


これはキャブレターとエンジンを繋ぐマニホールド。つい勢い余ってサンドブラストしてキレイにしちゃいました。キャブも当きれい麗に掃除。
photo


プーリー部分の前後カバーはサンドブラストして黒く塗装しました。エアクリーナーボックスは白ボケしていたのでバーナーで炙って黒さを蘇らせました。
photo


スーパーDio収支見通し
支出 車両 11,740円
  パーツ 1,600円
  自賠責(2年) 9,420円
  合計 22,760円
売却額(見込み)   30,000円
レストア予算   7,240円
購入パーツ内訳
バッテリー   910円
ベルト 690円
合計   1,600円
原付スクーターのパーツはものすごく安いということを知りました。それと、原付スクーターのレストアというかカスタムだけで、ひとつの世界があるんだなあと。これはこれで奥深いもんです。



posted by まーさん at 23:58 | Comment(0) | レストア スーパーDio
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。