2014年05月12日

16)リアショックアブソーバーの塗装

もう、あとはリアタイヤ取り付ければすぐ走れるってところまで作業は進んでいるのですが、ここへ来てとにかく速く走るよりもキレイに仕上げたいという気持ちも出てきまして、今回はリアショックアブソーバーを化粧直しすることにしました。
photo


写真で見るとそれなりにキレイですが、現物を見るとサビや汚れが結構あり、古ぼけた感じになっています。インナーシャフトにサビも出ているので本来なら交換した方がいいのでしょうが、今回は見た目だけキレイにして再使用してみます。
photo


まず分解。バイク用のスプリングコンプレサーを持っていないので、4輪用のでかいコンプレッサーを無理やり使ってスプリングを縮めます
photo


こんな感じでコンプレッサーの片側をスプリングではなくショックアブソーバーの下端に固定することで、でかいコンプレッサーでも何とか使えました。
photo


スプリングが縮んだら、この部分のナットを緩めます。このナットがとっくナットになっているので、緩めればシャフトが回るはずです。ところが、ナットはすぐに緩んだのですがシャフトが回らない。
photo


どうしてもシャフトが回らないので、バーナーですこし加熱したら簡単に回りました。どうやら強力なネジロック剤が使われているようです。
photo


シャフトが回ったらあとは簡単に分解できます。
photo




構成パーツはこんな感じです。分解すると各パーツの汚さが引き立ちますね。
ショックアブソーバーはシャフトを動かしてみたら、意外とオイルもちゃんと入っており、安定した減衰力が感じられました。オイルが抜けていると「ガポガポ」っていう感じになるんですが、スーッとシャフトが動きます。
インナーシャフトが錆びまくっているのに不思議ですが、ガスショックではないのでシールがダメになってもオイルが抜けないのかもしれません。 photo


得意のサンドブラスト攻撃で真っ白にしてやりました。
photo


あとは色を塗って組み立てて完了。スプリングを元通り黒に塗るつもりが、つい出来心で赤く塗ってしまいました。赤は透ける色なので下地をしっかり作って丁寧に重ね塗りしないと綺麗に仕上がりません。黒で塗るのとは手間が何倍も違います。
が、今回は出来心だったため、強引に何度も重ね塗りしてごまかしました。したがって現物を近くで見るとかなり汚いですが、まあ1メートルも離れればなんとなくそれらしく見えるのでいいとします。
photo


ゴールドで塗った部分が、ゴールドでなく黄色化山吹色といった感じに見えます。うちに転がっていたアルミホイール塗装用というゴールドのスプレー塗料なんですが、ちょっと派手すぎる色ですかね。
まあ、なにはともあれ、ほんとにいよいよ走行できる日が近づいてきました。
photo




posted by まーさん at 11:18 | Comment(0) | レストア エリミネーター250SE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。