2014年04月23日

31)シートとシールドの再生

いよいよNS-1のレストア作業も佳境に入ってきました。
今回はシートとシールドを直します。

まずシートですが、とりあえず現状はこんな感じです。当然、表皮の張り替えが必要ですので、すでに購入してあります。楽天で普通に検索して普通に買えました。
photo


まず古い表皮を剥がします。ステープラで固定してあるので、マイナスドライバで針を浮かせ、ニッパで引き抜きます。ペンチでもいいですが、針が浮いていなくても掴めるニッパのほうが便利です(ニッパの刃は痛むけど)。
photo


こんな薄いシートでも意外とたっぷりスポンジが入っています。
photo


表皮を剥がしました。すると、なんということでしょう。スポンジの中央付近が割れてえぐれています。このまま新しい表皮を貼ってもいびつな形になってしまいます。
photo


スポンジを整形しようと、カッターナイフで削ってみました。大きく削り取るにはこの方法がいいんですが、細かい整形には向きません。
photo


いろいろ試した結果、細めのワイヤーブラシでこするとうまく削れて滑らかに整形できることが分かりました。ただ、これはスポンジが劣化しているからであって、新しいスポンジだとこうはいかないと思います。 photo


新しい表皮を張り、ステープラーで止めていきます。このステープラーはホームセンターで数百円で買えます。ただ、ちょっとパワー不足で、針が最後まで打ち込まれないことがあるため、ハンマーで叩いてやって理しなければなりません。
photo


このように完成しました。写真だといい感じですが、実際はちょっとブカブカな感じになってしまいました。
スポンジを削っている上に、スポンジ全体がちょっと縮んでいるようです。薄いスポンジのシートを古いスポンジにかぶせてから表皮を貼ったほうがよかったかもしれません。
photo






つぎはカウルのシールドです。このように劣化して曇っています。買うと高いパーツなのでどうしよぷか悩んでいたところ、磨けばきれいな透明になるという情報をネットで見ました
photo


600番、1000番、2000番のサンドペーパーで水研ぎしてみました。この時点では曇りガラスのようになります。
photo


続いて荒目のコンパウンド、細めのコンパンドで磨いていきました。バフを充電ドリルに取り付けて使っています。回転数が遅いので手磨きに毛の生えた程度の作業性ですが、素人に高回転のポリッシャーは扱いが難しいので、あえてこのようにしています。
photo


最初よりはだいぶマシになりましたが、やっぱり曇っているし、全体が黄ばんでいます。とりあえずこのまま使いますが、今後の課題です。 photo




posted by まーさん at 00:23 | Comment(0) | レストア NS-1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: