2015年10月16日

5)フロント周り分解とホイールの仕上げ

難敵だったスイングアームをなんとか仕上げて、次はフロント周りを分解しました。そして前後ホイールを簡略的ながら、仕上げていきます。動画はこちら。


You Tube


ニコニコ動画



動画を見るヒマがない人のためにパパッと説明すると、フロント周りはホイール、フォーク、ステムと外し、フォークの分解は次回まわし。先に前後ホイールを仕上げますが、古いタイヤを外して変形を直して磨いただけで、スポークの張り直しとかはしていません。

さて、今回の作業はほとんどホイールがメインになったのですが、バイクのレストアでこういったスポークホイールは悩みのタネです。
photo


以前にレストアしたOM50(リンク)も、ホイールはほとんど何もしませんでした。スポークホイールというと、スポークが錆びやすいですから、本格的にレストアするなら、その交換、つまり、スポーク貼り直しが必須となります。でもこれはハードルが高いしコストも高い。

まーさんはスポークの貼り直しはやったことがありません。せいぜい、自転車のホイールの振れ取りをしたことがあるくらいです。しかし、それすらもあまりうまくできなくて悪戦苦闘した覚えがありまして、だからバイクのスポークの貼り直しもあんまりやりたくないです。

コストについては、あまりちゃんと調べてませんが、ホイール1本分のスポークは4,000〜5000円位するみたいです。前後両方だと1万円近くになってしまうので、貧乏レストアラーにはちょっと厳しいですね。外したスポークをサビ落としして再利用する手もありますが、そうすると錆止めをどうするか悩まなければなりません。

まあ、ちょっと洗うだけでも、これが、
photo


この位にはなるので、まあいいかなあという感じです。
photo


いずれにしてもこのバイクは、極力、お金をかけないで仕上げます。仕上げたあと、売れない、引き取り手がいない、捨てるしかない、という状況になる可能性が高いからです。なんか、エンジンだけ売ったほうが高く売れるっぽいですね。





posted by まーさん at 16:28 | Comment(0) | レストア YZ80
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。