2015年09月14日

5) フロントフォークオーバーホール

このバンバン200、買った時からフォークオイルが漏れまくりでした。というか、前回のタイヤ交換と同時進行でやっていたんですけど、今回はフォークのオーバーホールを中心に紹介します。
photo


あ、それと、このバイクはトップブリッジをすでに塗装しなおしているのですが、運転していると三叉のサビが非常に気になるので、これも同時に直すことにします。
photo


フロント周りを分解。三叉を外すので、ヘッドライトなども外しました。このバイクのヘッドライトはアメリカンバイクみたいに三叉に固定されています。
photo


ステムナットをゆるめます。使っている道具は10年以上前に購入したものでハゼット製の超高いやつです。今なら似たようなのが安く売っていますね。昔はちょっと特殊な工具が必要になるとバカ高いのを買うしかなかったですが、今はいい時代になりました。
photo


三叉が取れました。ベアリングのボールがレースに固定されていますね。これまでに分解してきたバイクで初めてのことです。
photo


サンドブラストでサビを落とし、シルバーで塗装して仕上げました。
photo


さて、本題のフロントフォークです。漏れている方のダストシールを引っ張りあげると、オイルシールがサビサビでした。
photo


トップは普通のボルト形状なので、インパクトでゆるめます。
photo


トップのフタが外れたらスプリングなどのパーツを取り出し、オイルを捨て、鉄の棒を突っ込んで空回りしないようにして、下側のヘックスボルトをゆるめます。本当は専用工具使うんですが、ただの鉄棒で代用してうまくいかなかったことは今まで無いです。
photo


ばらばらになりました。洗浄して、オイルシールなどを交換して、組み立てます。
photo


オイルシールを入れるのに特殊工具が必要ですが、いつも塩ビパイプを切って使っています。オイルシールの直径にピッタリのパイプがないので、太めのパイプをこの様に切り、
photo


ビニールテープを巻いて直径を合わせます。
photo


フォークオイルを規定量入れて、スプリングとか入れて、フタをして完了です。
photo










posted by まーさん at 23:39 | Comment(0) | バンバン200
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。