2014年12月02日

3)フォークとハンドル

フロントフォークのパーツを購入しました。いつもはシールとダストカバーくらいしか買わないのですが、今回はインナーチューブが曲がっているのでせめて消耗パーツは新しくしようと、スライドメタルとかも購入。かなりの金額になってしまい、ちょっと後悔しました。古いメタルは目視で特に摩耗していなかったし、ちょっと気前よすぎた。
photo


サクサクと組み立てていきます。専用工具はないのでアルミパイプを切ったり曲げたりして工夫しています。
photo


オイルを入れたりするときに、ボール盤とかに使う平たいバイスでフォークを挟みます。これ、非常に便利です。 photo


サークリップ式のフタをするのに、このようにしてフタを押し込みました。やっぱりこの方式はやりにくい。
photo


フォークを組み付ける前に、この変なハンドルをノーマルに戻します。
実は、こういうハンドルが付いている以上、スロットル&クラッチケーブルは長いやつに変えてあるだろうと思ってフォークのパーツと一緒に注文したんですが、これが大失敗。
なんと、このハンドルなのに、ノーマルのケーブルが使われていたんです。どんなけいい加減な作業してるの?
なのでケーブルは買わなくてもいいのに買ってしまって、しかもその価格が2本で約7000円と超高価。かなりへこみました。
photo


ノーマルのセパハンはオークションで易く購入出来ました。サビサビだけど。
photo


分解してブラケット部分だけを
photo


サンドブラスト。
photo


続いてワイヤーブラシげ磨くとこんな感じになります。
非鉄金属用プライマーとクリアラッカーで仕上げました。
photo


トップブリッジも同様に仕上げて、組み付けていきます。
photo


これでフォークとハンドルはとりあえず完了。次はタイヤです。
photo


支出 車両 25,500円
    パーツ 28,512円
    自賠責 14,290円
    合計 68,302円
売却額(見込み)   100,000円
レストア予算   31,698円
     
購入パーツ内訳
@ 車両送料 10,000円
A フォークオイル 700円
B Fフォーク ピストン×2 1,620円
C Fフォークガスケット×2 280円
D Fフォークダストシール×2 2,073円
E Fフォークオイルシール×2 2,376円
F Fフォークプッシュガイド×2 1,987円
G スロットルケーブル   3,294円
H ハンドル 2,500円
  H送料 1,500円
I パーツリスト 842円
  I送料 500円
J サービスガイド 500円
  J送料 340円
  合計   28,512円


このバイクは自分で乗るためのものですが、一応、お金の計算も。
車両送料は自分で取りに行った時の高速代とガソリン代の概算です。
フォークのパーツだけで8,000円くらい使ってしまいました。
スロットルケーブルは購入したものに交換(ほとんど意味なく)しましたが、クラッチケーブルはもともと付いていたのが新品だったので交換せず、したがってここには新規に購入したケーブルの費用を入れていません。 あと、パーツリストとサービスガイドを買いました。サービスガイドが安くて助かった。
posted by まーさん at 01:14 | Comment(2) | NZ250
この記事へのコメント
はじめまして。ゆうじと申します。
NZを検索していてこちらの記事を見つけました。
お尋ねさせていただきますが
アップハンドルのトップブリッジはノーマルを使用されていたのでしょうか?
それとも何かの車両の流用でしょうか?
Posted by ゆうじ at 2018年08月28日 22:08
Posted by 山田正昭 at 2018年08月29日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: