2014年10月27日

24)タイヤ装着

タイヤを組みます。
この車両は前後とも一応使えるタイヤが付いていましたが、リアはサイドウォールにひび割れがあり、明らかに交換が必要な状態。フロントは山ありひび割れなしで使えそうでしたが、製造年月を見ると10年以上前。手で触ってもプラスチックかっていうくらいにカッチカチです。
なので、前後とも交換することにしました。販売時のことを考えても、交換しておいたほうが売れやすいでしょう。
とは言っても最初は中古タイヤを買うつもりだったんですが、、、、、無い。特にリアのサイズ「140/90-15」っていうのが全くありません。
もうヤケクソだあってことで奮発してダンロップの新品を前後どーんと買いました。
photo


では、ホイールにはめていきます。
ここでふと、YouTubeでみた動画を思い出しました。タイヤをPPバンド(荷造り用の黄色いバンド)で縛ってスポーンと入れるとタイヤレバーも必要なく、簡単にはめられるというものです。
photo


あの方法を試してみようと決めたんですが、思いつきなのでPPバンドがありません。
その代わりにストレッチフィルムがありました。
こんな感じで左右のビードがくっつくように縛ります。
そしてビードクリームを塗り、グイグイとホイールに押し込みます。
手の力じゃ全然入らない。
yukaにおいて足で踏んでみました。最初は入りそうな雰囲気なかったんですが、やってうるちにコツがわかってきて、そしたら入る入る、グイグイ入っていく。
それでも最後のとこだけどうしても入らずに、そこだけタイヤレバーをちょっと使ったんですが、
photo


このようにスポーンと入りました。これは確かに楽で速い!
ただ、
ほんとにこの方法がいいのか確かめるために、リアは普通にタイヤレバーで入れてみました。そしたら、すっごい簡単に入る。うーん、やっぱりバイアスタイヤで扁平率が90ですからね。どんな入れ方でも簡単に入るみたいです。
多分、普通の入れ方でも足でうまく踏めば、タイヤレバー使わづに入りそうです。そうすると、タイヤを縛って入れる方法が本当にいいかどうかは、微妙かもしれません。扁平率40とかのラジアルタイヤでも簡単に入れられるなら利用価値高いけど、どうなんでしょう。
photo


フロントタイヤを車体に取り付けますが、その前にフロントフェンダーを取り付けます。
フロントフェンダーは大きな傷もなくいい状態なのでそのまま使いますが、艶がないのでコンパウンドで磨くことにしました。
photo


こんなにピカピカになりました。
photo


装着完了。いい感じです。
photo


リアはチェーンも取り付けます。新品で買ったチェーンが520-120で、必要なのは520-114なので、6コマ分切断します。
まずディスクグラインダーでポンの頭を削り、
photo


チェーンカッターでピンを押し出します。
まあディスクグラインダーがあればチェーンカッターなくてもなんとかなりますけどね。
photo


装着完了。タイヤがつくと一気にバイクらしくなります。だんだん完成に近づいてきました。
photo


久しぶりに買い物をしました。それも、タイヤという大物を。
ここまで予算に余裕のあったエリミネーターのレストアですが、一気に予算を使い果たして、残りは5000円ほどになってしまいました。
まだあれもこれも買わないといけないので、かなりやばいです。
エリミネーター250SE収支見通し
支出 車両 29,800円
  パーツ 55,662円
  自賠責 9,510円
  合計 94,972円
売却額(見込み)   100,000円
レストア予算   5,028円
     
購入パーツ内訳
中古ヘッド(送1,134円) 3,207円
中古ピストン2個(送1,200円) 3,520円
ヘッドガスケット,Oリングなどエンジンパーツ 14,544円
Oリングなどキャブレターのパーツ 2,624円
中古フロントフォークアッセンブリ 5,250円
サイドカバー 4,560円
サイドカバー売却 -5,000円
シート 5,298円
点火プラグ 567円
ナンバーステー 1,475円
塗料その他 2,078円
タイヤ前 5,850円
タイヤ後 9,660円
ドライブチェーン 2,029円
合計   55,662円




posted by まーさん at 17:55 | Comment(0) | レストア エリミネーター250SE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。