2014年10月24日

21)エンジン周り組み上げ

塗装したフレームにパーツを取り付けていきます。
一度バラして組み立てたことのあるバイクなので、作業は速いです。 photo


どうもエンジンが汚いのが気になりますが、これでもオーバーホール前よりはキレイになっているし、このバイクは完成するとあまりエンジンが目立たないので、これでよしとします。
photo


その他のパーツはなるべくキレイに仕上げていきました。ブレーキレバーもワイヤーブラシとボンスターでサビ落とし。
photo


エアクリーナーを取り付けたインですが、インシュレーターが硬化してうまく取り付けられません。インシュレーターを外して加熱し、ある程度変形を直し、柔軟性も少しは復活させました。
photo


それでもうまく入らないので、ハタガネとヒモを使ってエアクリーナーボックスを強制的にキャブに押し付けながら、ドライバーでつつきまわしてようやくはめました。 photo


このバイクを前に組み上げたとき、どうもラジエーター液が漏れているようでした。エンジンはオーバーホールしたけど漏れたあとはなかった。念のため、ラジエーターコアを水に付けエアを送り込んでチェック。でも漏れはありませんでした。
photo


サーモスタットのケースがガビガビに錆びているのを発見。どうもここから少しずつ漏れてサビてしまったようです。ワイヤーブラシやマイナスドライバーでていねいにサビを落としました。これが漏れの原因なら、これで修理完了です。
photo


スイングアームを取り付けます。塗装したては美しい。走りだせばすぐに汚れるので、記念写真です。
photo


スイングアーム取り付け、それを書こくような変な形状のリザーブタンク取り付け。
スイングアームにチェーンスライダー(ゴムのガードみたいなやつ)をつけ忘れているのに気がついて最初からやり直し。
万事、そんな感じです。
photo


ちなみにボルト類が錆びているときは、プライヤーで掴んで、
photo


両党グラインダに取り付けたワイヤーブラシにガーッと当て、
photo


こんなふうにピカピカにしてから取り付けます。
ただ、いい具合に黒っぽく錆びているのを磨くと真っ赤なサビが出たり、メッキが剥げて余計錆びやすくなったり、そんなこともあるので悩ましいですね。
photo


まあなんだかんだ言いながらも順調です。
photo


posted by まーさん at 00:00 | Comment(0) | レストア エリミネーター250SE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。